かしはぐについて

柏の葉はぐくみこども園の特徴

園長あいさつ

乳幼児期は、生涯にわたる生きる力の基礎が培われる時期と呼ばれており、様々な経験を通してその後の生活や、学びの基礎となります。子ども達が、将来豊かに成長する上でとても重要なこの時期に本園が子ども達と関わる事が出来て、身を引き締めながらも大変嬉しく感じています。

子ども達の可能性は無限大です。その可能性を引き出し、広げる為に「やればできる!」を合言葉とし最後まで諦めない、強い心と体がバランスよく育めるように保育していきます。

時代とともに保育・教育観は変わりつつありますが、何よりも子どもを第一に、柏の葉はぐくみこども園の目指す保育・教育を職員と保護者の皆様と一緒に見つけていきたいと考えています。笑顔とチームワークを大切に、また職員一人一人の個性も活かしながら精一杯の力を発揮してこども園を運営してまいります。

柏の葉はぐくみこども園
園長 小林美広

教育目標
明るく元気な子ども
よく見て、よく聞いて、よく考える子ども
色々な事に挑戦し、最後まで諦めない子ども
教育方針
強い身体と心をもつ子どもに育てる
子どもにとって、何より大切であるのは健康な心と身体です。 安心を基盤とした規則正しい生活を通して健康な心を育み、多様な動きを通して諸感覚を統合し、使いこなせる身体を育てていきます。 また、週に一回の体操教室では、遊びや運動の面白さを味わい、心身ともにバランスの取れた健康な心と体を育みます。
人の話を良く聞く子どもに育てる
人の話を聞くということは、コミュニケーションの基本です。良く話を聞けば相手の気持ちも分かります。良く聞くとはどんなことか?ボーッと聞いていては右から左に抜けてしまいます。本園では「相手の目を見て心で聞く」子どもを育てます。
仲良く遊ぶ子どもに育てる
遊びの大切さを通して、相手を思いやる優しい心や集団生活におけるルールを学び、人間関係の基礎をつくります。「友達と一緒にやる」ことで、自分一人でやるよりも、もっと大きくて素敵な事を実現出来る事が分かってきます。その経験を通して、協力することの楽しさや面白さを実感し、更に自分も相手も満足出来るように工夫していく方法を身につけていきます。
良く考える子どもに育てる
文字や数への興味・関心を様々な遊びや身近な環境に関わる中で、色々な不思議や面白いもの、面白い出来事に出会い、好奇心を感じて探求するようになります。なぜ?どうして?と言う思いから、調べたり、試したりする中で物事の規則性に気付き、物事について良く考える子どもを育みます。
素直な心の子どもに育てる
何事も素直でないと伸びません。これは、子どもに限ったことではありません。大人でも同じことが言えます。上記四項目も素直な性格が必要不可欠です。本園では、教育方針を達成する為、先生自ら率先して素直な心で子どもを指導します。
一日の生活について
0〜2歳児の一日3〜5歳児の一日
  • 07:00

    朝の預かり保育
    順次登園・自由遊び
  • 09:15

    おやつ
  • 09:30

    朝の会
  • 09:45

    クラスの活動
  • 11:00

    給食
  • 12:00

    午睡
  • 15:00

    起床・おやつ
  • 15:45

    帰りの会
  • 16:00

    順次降園・延長保育
  • 19:00

    閉園
  • 07:00

    朝の預かり保育
  • 09:15

    順次登園・自由遊び
  • 09:30

    朝の会
  • 09:45

    クラスの活動
  • 11:30

    給食
  • 12:45

    帰りの会
  • 13:00

    午睡・自由遊び
  • 13:30

    順次降園・延長保育
  • 19:00

    閉園
食事について

柏の葉はぐくみこども園では、園内で子どもの食事を調理・提供する「自園調理」を行っています。
よく保護者の方から「ウチの子食べることにあまり興味がないみたいなんです」「好き嫌いが多くて困っているんです」等様々な相談を受ける事がありますが、本園ではまず、お腹がすくリズムを作る事を大切にしています。良く寝て、たくさん遊んで体を動かす事で、お腹が空くリズムを作ります。
食に関する知識や興味が育てば、食べたい物をイメージしたり、話題にしたり出来ます。食事を楽しむためには、発達に応じた食器や食具などの環境を整え、和やかな雰囲気で食べられるようにしています。
また、自分達で野菜を育て、収穫したり、クッキング等の調理活動をしたりして、食べ物への興味が高まり、感謝して食べることの大切さを育みます。

アクセスについて

つくばエクスプレス 「柏の葉キャンパス駅」より徒歩13分
〒277-0872 千葉県柏市十余二翁台370番地84 中央218-8

子育て相談について

はじめての出産では、親や知り合いがいない中で、育児不安を抱えている方は多くいらっしゃるかと思います。そう言った保護者の方を孤立させない為に、園庭開放や、子育てのイベントや情報発信を行ったり、保護者同士が知り合うきっかけを作ったりして、地域の子育て支援を行っています。
子育ての相談に対して、保育教諭だけでなく、園医や栄養士などが一丸となって支援を行なっていきます。 また、地域の施設や関連機関などと積極的に連携し、子育てについてサポートしていきます。